ビジネスマンの顔の名刺交換ビジネスマナー

名刺交換というのはとても大事なものです。受け取った名刺をしまう人はさすがにいないと思いますが、座ってる順に並べるととても好印象でもあります。 名刺はビジネスマンの顔です。名刺社会の日本では、外部の人への事故紹介には名刺が必須です。名刺交換のビジネスマナーは基本なので覚えておきましょう。名刺は、仕事をする人間の大事な営業道具です。初めて会う相手には、必ず名刺を渡します。名刺を忘れることは、やる気がないと取られることもあるので名刺入れは毎日持ち歩くようにしましょう。交換する前には、名刺が折れていないか汚れていないかチェックをしましょう。名刺交換にも順番があります。他者を訪れた場合は、先にこちらから名刺を差し出すのがルールです。上司が同行の場合は、上司から先に交換をし後に続きます。名刺の差し出し方は、名前の向きに木を付けます。縦書きでも横書きでも相手には名刺の上をむけます。黙って差し出すのではなく、会社名、部署、名前を名乗りながらはっきり渡します。テーブルがあるときは回り込んで相手の正面に立ちます。テーブル越しに渡すの避けるのが原則です。

Copyright ©All rights reserved.ビジネスマンの顔の名刺交換ビジネスマナー.