ビジネスマナーの習得の重要性

ビジネスマナーというのはとても曖昧なものでもあります。基本的なものからやっておいたほうが良いだろうもの、更には暗黙の了解のルールまで幅広くあるものだと思います。 近年、非正規雇用で働く若者や、アルバイトなどをしているフリーターあるいは仕事もしておらず教育も受けていいないニートなどの若者が増加しています。一般的には、大学など学校を卒業したら新卒として企業に就職します。そして、まずは新入社員研修を受けることとなります。もちろん、この新入社員研修の内容については、会社によって様々です。それでも、ほとんどの会社では新入社員研修そのものは行われ、そこで初めて社会人としての基本であるビジネスマナーを習得します。もちろん、座学研修だけでこれらのことがマスターできるということではありません。研修や座学で学んだ後には、先輩や上司について仕事をしていくことが一般的ですが、その中で少しずつビジネスマナーを身に付けていくのです。一言にビジネスマナーと言っても、その内容は非常に幅広いものです。電話の出方やかけ方、文書やメールなどの送信の仕方や文書の書き方といった基本的なものもあります。

福岡 就業規則は株式会社KS人事研究所が提案します。
2288

アルバイトとビジネスマナー

半数以上の人が最初に触れるビジネスマナーと言うのは高校や大学の時のアルバイトではないでしょうか。私も高校入学と同時に始めた寿司屋のバイトで『お疲れ様です』という挨拶が初めてのビジネスマナーだったと思います。それからいくつかの職種を経験し、ホテルのフロントや営業職に就いた時にはこれまでとは比べ物にならない様々なビジネスマナーを叩き込まれました。おかげである程度若いうちからきちんとした応対をできるようになり、学歴は高卒であっても就職先で認められ他の同期より早いうちに出世できました。

Copyright ©All rights reserved.ビジネスマナーの習得の重要性.